読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aronwan77’s diary

金魚と熱帯魚の飼育、高齢者介護

女友再会。そしてプラティ、アザレンカの変調

f:id:aronwan77:20160510012414j:plain

 十数年ぶりに女友達と会った。それぞれ相応に歳を取って、それぞれの悩みを喋ってあっという間に4時間過ぎた。本当に昔と何にも変わらない。変わらないというのは良い事なのか悪い事なのか分からないが、人間の素地というものは経年劣化しないということだ。ただ表面的なもの(皮膚とか身体つき)は当然変わっているので、やはり妙な感覚に陥る。ひょっとして80歳になっても、私の性質はこんなもんなのかと。

帰り際、雨が降り出してきた。地元に着いた頃にはすっかり濡れ鼠。誰も歩いていない長い連休明けの、月曜日の東京スカイツリーソラマチ界隈を久しぶりに歩く。こういう時期の雨の日のソラマチも、まあいいもんだ。多分旧友と会った嬉しさから心が晴れていたからだろう。雨の街の運河に佇むと、ここは押上ではなく羽田空港に思えてくる。雨の日の空港は、なぜかグッとくる詩情があるのだ。

帰宅するとイの一番に覗く込んだ水槽。プラティ稚魚水槽が暗く淀んでいる。稚魚が8匹★になっていた。私の居ない時にこんなにも多く亡くなってしまったんだね。水替えを怠ったのか、餌変えが悪かったのか、後悔は尽きない。早速、60㎝水槽に残った稚魚全てを移住させる。水が足りない、砂利もない、水草も少ししかない。などと文句をこねていたら、この水槽に4日前から隔離していたアザレンカの様子もおかしい。肛門あたりが赤く腫れている。これは産仔かと思ったが、どうも違う。いわゆる脱腸か、それとも胎児が詰まっている? 何時間経っても改善しない。これはもう駄目かもしれないと目を閉じた。あとはアザレンカの明朝を願うばかりだ。もし早めの出産に難産しているのなら、それはそれで心配だ。これまで200匹以上を産んできた老女。今回の出産は死を賭しての戦いかもしれない。私はアザレンカのいる部屋のドアをそっと閉めた。

f:id:aronwan77:20160510012236j:plain