読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aronwan77’s diary

金魚と熱帯魚の飼育、高齢者介護

母の怒り

最近、母の様子がおかしい。おかしいというか、戻ったというか。先日、「明後日は兄さんが来る予定だけど、豪雨になったら新幹線が遅れるので、来れないかもしれない」と母に言い残して帰ったのだが、後から兄が私にこう言うのだ。母が兄に会うなり「雨はどうだったの?新幹線は動いたんだね」と。私は少しポカンとなった。これって短期記憶じゃないの。こういう記憶がはっきりあるのだ。

そして今日、いつものように老健に行くと、母は憤慨している。私が大嘘つきで、その場しのぎの最低の子供だロクデナシだと罵る。「あんたは、退院できる日は3日日後と言ったじゃないか。指折り数えていたのに退院できない。職員に聞いても知らんぷり。あんたは私がボケていると思っていい加減なことばっかり言っているようだけど、私はちゃんと覚えている。もうこんな嘘ばかりじゃやってられない。近いうちに自殺を決行する!」

まともな事を訴えられて、こちらは困惑するばかり。おまけに「あんた、頭がおかしいよ。約束しては破る。精神的な病気かい?」とまで言われた。目つきは以前のような悪魔の視線ではなく、ごく普通の目つきだ。兄が職員に聞いたところ、認知症自体はそんなに酷くない、記憶等の障害も少ないほうらしいと。勿論、職員は私には逆のことを言っていて、帰宅願望は瞬間であり、真に受けるなと諭された。そういうわけで、一時帰宅を考えてみようと思っている。自費のヘルパーを1日3回頼みたいのだが、この日程調整がけっこう難航する。数日前に依頼しないと人手が確保できないのだ。料金は身体介護(排泄介助)が30分で1500円だ。以前依頼した家政婦は3時間単位なので、排泄介助のみには向かない。私も以前は排泄介助を行っていたが、今となっては自信がないのだ。身体の可動範囲等が全く分からない状態なので、暫しヘルプが必要となるだろう。