aronwan77’s diary

金魚と熱帯魚の飼育、高齢者介護

新入りです! ニモに似ているね。

隣の黒い子は先週買った源。最初は追いかけっこしていたけど、一日もたたずしてずっと一緒の仲に。種類は、ミックスというもの。なんでしょうか、ハネなのか雑種なのか、イマイチ分からん。

2年ぶりに、金魚を買ったよ!

銀座パウパウで10月4日、2匹購入。小さいけど2歳だってさ。 ホワイトオランダとセイブンギョ。先月相次いで死んだ子らの品種だ。オカチやセイブンの生まれ変わりと思って買ってしまった。 また心配事が増えたけど、楽しみだわあ! しばらく塩水漬け。 明けて…

青文魚のセイブン、死亡。

9/1に亡くなったオカチを追うようにセイブンが18日に逝去。同じ養魚場で2015年11月1日に購入した。3カ月前から隔離療養を行ってきたが、とうとうだ。網に入れると仮死状態のように動かなくなる子だったが、今度は仮死ではなく、本当の死だった。 黒い鱗は白…

オランダ獅子頭のオカチ、病に死す!

悲しくて。悲しくて。 もう、金魚なんて飼いたくないよ! もうこんなの嫌だよ! メモ… 体長12㎝。全長19㎝。松かさ病、転覆病を発症し、塩、エバージュ、グリンエフを投入するも1週間目で没す。2015年11月1日、江戸川の養魚場で買った。当初は仲間を追撃する…

ホワイトオランダのおかち、急病に

オカチは当サイトの看板娘。小さい頃は本当に本当に綺麗で可愛かった。幼児のオカチ。↓ 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 ちょい前まで、でこんな優雅なツンデレ顔をして泳いでいた。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。…

ピンポンパールの亀吉。死去。

※死後の画像。今にも生き返るようだ。体は綺麗だった。 ※全長は、20cmはあったかな。 ※さよなら。亀吉。 2015/10/16、通信販売(徳島の養魚場)にて購入。2017/7/1、死去。 満身創痍だったが、最後のメチレンブルー浴で傷がかなり治ってきていた。しかし、…

ピンポンパールの亀吉。病状は悪化の一途

水泡症。ピンポンパール特有の病気で死亡率は高い。最初のうちは塩浴もせずに水替えで放置。良くなったなあと思った頃、またぶり返した。鱗や皮膚のただれが酷かったので塩浴、そして観パラで薬浴。10日間は施したが、返って悪化してしまった。遅かったのだ…

ゴールデンハニードワーフグラミー、小太郎の死

※在りし日の小太郎 昨年の11月、ゴールデンハニードワーフグラミーの奇形について紹介した。この記事の下の方で衝撃的な奇形児の写真を載せた(上掲) この子が、昨日の夜、死んだ。ここ数日お腹をプクンと腫らして水面の水草に絡まって寝ていた。突いても反…

乾癬性関節炎

去年の記事↓ 相変わらずベルソムナとルネスタという睡眠薬を服用している。昨今。薬の種類は増えた。朝晩、消炎鎮痛剤と胃薬。週に免疫抑制剤を3錠。つまり新しい病気が増えたのだ。乾癬性関節炎というもので症状はリウマチとそっくり。おまけに原因は遺伝子…

金魚水槽の汚濁。少し改善か。

少しは透明度が出てきた。けどね。イマイチだな。4日に一度は40リットルは水替えしているのだが。

アカヒレの稚魚が

ようやく産まれた。3年目で稚魚の姿を発見。腹ぼての子は数匹いたので、産卵後の卵を親がきっと食っていたんだろうね。正月早々に針子が数匹漂っていたんだけど、今現在は6匹で、15ミリはあるかな。次々と産卵しているのか、小さいのも10匹以上はいる。これ…

金魚水槽の汚濁

御覧のとおり、90cm水槽の水の色が酷い。茶濁と白濁で見通しが悪く、水槽の前にいる子は奥にいる子が見えない。水質紙で計るときっと亜硝酸が高値で酸性過多だろう。餌のやり過ぎなんだろうね。上部フィルターの水漏れもあったのでメーカーに相談したら、「…

新年の金魚たち

明けましておめでとうございます。 メインタンクの金魚。あれ。ベスト7なのに、一匹寝ているのかな。とにかく元気に泳いでいる姿をご披露。いずれも明け3歳くらいの年齢。今年は産卵するかもしれん。 ちなみに2枚目の写真で、名前を紹介しとこう。向かって左…

うちのアレな金ちゃん達

※フチエのアレに巻かれる亀吉 ※フチエのアレを見入る亀吉 ピンポンパールは食欲旺盛で糞の量も多いと聞くけど、うちのデカいの(亀吉)の半分くらいしか目方のないフチエの糞量が凄い。亀吉より、まあ確かに食いつきが良いんだけど、それにしたって。それに…

自分のセーターも編んだった

今度はアラン編み。やっぱ太目の針なんで雑にみえるなあ。ついでに余った毛糸でポシェットもどきも編んだった。これ着て歩こうと思う。勇気、いるかな?

手編みのセーター

うん十年ぶりでセーターを編んだ。編み始めや綴じ方をほぼ忘れていたが、ネットで少し勉強して編むこと4日。なんとか縄編みのセーターが完成。しかしなんか荒っぽいというか雑なんだなあ。 手編みというのは毛糸の他に用具が色々と必要で、毛糸の他に小物も…

ピンポンパールの水泡

※向かって右下部分の透き通った水泡がガマガエル病とか この水泡、別名ガマガエル症候群だって。うちのどでかいピンポン、亀吉にも以前から一つ二つとあったのだが、どうせ成長に鱗が間に合わない症候群だと高を括っていた。そしたら、このガマ病はけっこう…

人口水草

こっちが食べるものを節約してせっせと買ってきた水草を、金魚らは2週間くらいで食い尽くし葉っぱを蒔き散らす。こいつらのデザート=水草だが、ワンポイントで人口モノを紛れこましてみた。赤いのがそれ。どう見ても模造品だ。香港フラワーといってもいいか…

ゴールデンハニードワーフグラミー 奇形児たち

だいぶ前に掲載した奇形の子。 そして現在。こんなんになった。小さい頃から赤い鰭だったね。やっぱり尾鰭が捻れているよ。 幾分大きくなったし、形もしっかりして奇形も目立たなくなってきたような気がする。幼魚の半分は奇形だった。その中でも元気で気性…

引っ越し完了

90cmへ7匹、60cm規格へ2匹(ピンポンパール)、それぞれ引っ越しが完了した。少し落ち着いたかな。90cmのほうは1週間なのだが、少し水が濁っているのでスポンジフィルターを置いたりして奮闘中だ。ピンポン水槽の方は白濁は水替えでなんとかなった。ところで…

90cm水槽への引っ越し

無事、引っ越した。まあまあ慣れも早い。オランダのオカチと青文魚のセイブンの態度がデカいな。

90cm水槽への引っ越し前夜

約1年間住んだ、水槽二つ。①和金2、琉金2、丹頂、②オランダ獅子頭、青文魚。二つの水槽を一緒にする。少し勇気がいるのだ。こういう風に住み分けた理由は一つや二つではなかった。気性の荒い子、泳ぎの下手な子、温和な子、金魚ってのは本当に性格がバラバラ…

ゴールデンハニードワーフグラミー、急死

おじさん、とうとう死んじゃった。去年の10月に貰った子だ。同じ日に貰った子は5匹だったけど、残るは1匹のみ(カージナルテトラの雄) 1年間で4匹も死なせてしまった。勿論ほかにも死者多数。ちょっと、やっぱ何とかせんとなあ…。 間違えて、おじさんの記事…

母の痛み

5/28。母の余命は半年と医師に告げられた。それから4か月半。 母は背中の痛みを訴える。背部痛は殆ど聞いたことのない訴えだった。これは、がん性の痛み・・・と思った。すかさず看護師に打診。恐らく「始まりなんだろう」と率直に答えてくれた。癌の痛みの…

瞳のささやき

この曲は最高だ。なんというか、振られた女の夜の心象風景。ローラ・フィジーがカラッと歌っているが。泣けてくるわ。どうしようもないのは、人間だ。 【歌詞】 私がずっとどれほどしょげていたかあなたは知らなくていいのあなたに何が起こったのかわからな…

金魚と熱帯魚の昨今

お久しぶりでーす。カメラの調子が良くないことを理由にさぼっていた。が、しかし急にボケるカメラなんて聞いたことがないので、自分の目がボケてきたのかなあ、と。以下、魚達の近況を写真で報告。画質の悪さを「編集」で何とか修正したけど。 ※相変わらず…

ピンポンパールと硬球

新居に引っ越して少しビビりが続いたものの、今はまあ普通の亀吉の日常。ところで、亀吉はオスじゃなくてメスっぽい。何せチビのフチエが追いかけまわしているじゃんか。でもお互いに2歳児だもんで発情もママゴトで終わったようだ。やれやれ。夏みかんの周り…

奇形のゴールデンハニードワーフグラミー、本水槽で

稚魚水槽から本水槽に移ってからも、この奇形のゴールデンハニードワーフグラミーの子は元気である。彼らにとっては広い水槽をくまなく泳いでいる。今のところ、奇形ゆえの弊害もない。ところで、この子の名前をつけちゃった。面構えがヤル気満々なので、ム…

大きな虹がスカイツリーに

ベランダの向こうのスカイツリーに大きな虹が掛かった。台風明けの変な天気。雨がザーッと降り陽が差し込む中で。こんな大きな虹は初めて見たのだけど、家からは電線があって絵にならんよね。

ゴールデンハニードワーフグラミー、引越

総勢12匹のゴールデンハニードワーフグラミーの稚魚を本水槽にいっきに移動した。小さい子は1㎝なんだけど、そういうのはお構いなしで、魚の個性なんだろうか、堂々の真ん中を泳ぐ者、大きくても水草の森でじっと動かない者、個性があって面白い。 これで本…